コンテンツにスキップする

ドル・円3カ月ベーシス拡大、日本国債が米国債利回り100bp上回る

ドル・円の3カ月物ベーシスがここ12カ月で最も拡大した。年末のドル需要に伴うプレミアムを織り込んだためで、ドルを持つグローバル投資家が日本国債投資から得られる利回りは大きくなった。

  円の3カ月物為替フォワードの動向は、円に対してドルを貸し付けると年率2.9%超の収益が得られることを示している。この円資金を使って利回りマイナス0.25%の10年物日本国債を購入すると、差し引き2.65%前後の利回りとなり、米国債利回りを100ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)近く上回る。

  なぜドルを貸すだけでこれほど利益が得られるのかと疑問は湧くが、例年ドルが不足する年末の時期にドル資金を確保したい借り手側の事情がある。米金融当局はレポ市場でより予防的に対応しており、今年の年末のドル逼迫(ひっぱく)はいつもより抑制されるとみられるが、これが忘れられているのかもしれない。

原題:Yen-Basis Has Spike Means JGBs Offer 100bps Pick-up Over USTs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE