コンテンツにスキップする

中国の工業利益、8月は前年割れ-景気減速と生産者デフレが響く

  • 8月の工業利益は2%減、1-8月では1.7%減-国家統計局
  • 人民銀と政府は刺激策を強化へ-曲天石エコノミスト

中国の工業利益が8月に減少し、景気減速の悪影響が企業に及び、当局が対応すべき問題が増えていることが浮き彫りとなった。

  国家統計局が27日発表した8月の工業利益は前年同月比2%減。1-8月では前年同期比1.7%減った。統計局の声明によれば、工業生産と売り上げの鈍化や生産者物価の下げ幅拡大、中国本土を襲った大型台風が響いたという。

China's corporate profits shrank due to PPI deflation, other factors

  ブルームバーグの曲天石エコノミストはリポートで、「8月の中国工業利益減少は景気悪化が続いているとの懸念を強める」と指摘。「慎重ながらも一段と景気支援的な政策が必要だとのわれわれの見解を繰り返すが、中国人民銀行(中央銀行)と政府が適宜、刺激策を強化すると見込んでいる」と記した。

原題:Slowing Economy, Deflation Cause China’s Company Profits to Drop (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE