コンテンツにスキップする

ボーイング737MAX、飛行試験でリスク過小評価された-NTSB

  • 規制上の権限ないNTSB、認証向上について7項目の勧告を提示
  • 報告書は2件の墜落事故巡り米政府として初の公式見解

米運輸安全委員会(NTSB)は26日、墜落事故を受けて運航停止となっているボーイングの737MAXについて、同社が開発段階で実施した試験があまりにも単純で、事故時に実際に起きた警告が想定されていなかったと指摘した。

  墜落事故について米政府として初の公式見解となる報告書で、NTSBは連邦航空局(FAA)に7項目の勧告を出した。緊急時のパイロット対応に関する想定を見直し、状況が悪化した場合の機体の操作性を高めることなどを求めている。

  NTSB航空安全局のダナ・シュルツ局長は「人間がかかわる分野に関し機体の認証方法を厳格化してもらいたい」と語った。

  墜落事故が起きたインドネシアとエチオピアでの調査を支援しているNTSBは両事故につながったシステムをボーイングとFAAがどう認証したかの詳細に言及。米法ではNTSBに規制上の権限はなく、安全性向上に向けた勧告だけにとどまる。

  ボーイングの飛行試験の内容は現行規則の下で承認されたが、NTSBは1988年に導入されたこの基準が適切でないと結論付け、認証試験の際に複雑な緊急事態をより現実的に判断するようにFAAに求めた。シュルツ局長はMAXの運航再開前に実施すべきだとしている。

  FAAは26日、MAXの変更計画を検討する際にNTSBの勧告を考慮に入れるとの声明を発表した。

原題:
Boeing 737 Max Flight Tests Underestimated Risks, NTSB Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE