コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、内部告発者を非難-非公開会合のビデオが示す

  • バイデン前副大統領に対する攻撃を繰り返す、メディア批判も
  • 「内部告発者は非常に党派的、ほぼスパイも同然」と語る

トランプ米大統領はニューヨークでの米外交当局者らとの非公開の会合で、来年の大統領選で対戦相手となるかもしれない民主党のジョー・バイデン前副大統領を攻撃するとともに、弾劾調査の焦点となっているウクライナのゼレンスキー 大統領との電話会談についての内部告発を非難した。

  ブルームバーグ・ニュースが入手した15分間のビデオで、トランプ氏は内部告発者に言及しながら「戦争だ」、「この連中は病んでいる。異常だ」と発言した。

  さらに、「内部告発者に情報を与えたのが誰かを知りたい。これはほとんどスパイだからだ」と付け加えた。大統領のコメントは先に、米紙ロサンゼルス・タイムズが録音の一部をオンライン投稿していた。

トランプ大統領はNYでの非公開の会合で内部告発者を非難

  トランプ氏の発言には、「われわれが賢かった昔はどうやったか知っているか。昔はスパイや反逆者に対して今とは少し違う扱いをしたものだ」と、ほとんど脅しととれるようなくだりもあった。

  ビデオによるとトランプ氏のコメントは多岐にわたり、自分より大統領らしい大統領はエーブラハム・リンカーンだけだなどとも述べた。バイデン氏の息子がウクライナおよび中国事業で不当にビジネスを獲得するのをバイデン氏が支援したとの主張も繰り返した。バイデン氏を「とてつもなく愚かで眠そうなジョー・バイデン」と呼んだ。

  トランプ大統領はまた、ニューヨークでのゼレンスキー大統領との会談を報道したメディアも批判し、「報道関係者はけだものだ。人間として最悪の部類だ。その多くが詐欺師だ」とこき下ろした。

  内部告発者については「非常に党派的」だとし、「基本的に、告発者は報告を見ていない。電話記録を見ていない。何かを聞いて、見てきたように決めつけたのだろう。告発者たちはほぼスパイも同然だ」と語った。

原題:Trump Attacks Whistle-Blower in Private Remarks, Video Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE