コンテンツにスキップする

トーマス・クック破綻でCLO投資家に波紋-無担保債組み込みに疑問

英旅行代理店トーマス・クック・グループの今週の破産申請は、欧州のローン担保証券(CLO)投資家を震撼(しんかん)させた。

  CMCディ・ラベンナとガラパゴス・ホールディングに続き、トーマス・クックがCLOに打撃を与えた。少数のCLO発行会社は、利回り押し上げを目指してこの3社の無担保社債をCLOに組み込んでいた。

  保有者は23日の破産申請より前にトーマス・クックの無担保社債を含むCLOを売却していたが、CLOの価格はそれまでに大幅下落しており、無担保社債をCLOに含めることを一部投資家が疑問視している。

  トゥエンティフォー・アセット・マネジメントのポートフォリオマネージャー、アザ・テーウエン氏は25日のブログ投稿で、CLOに劣後債を含めるのはエクイティートランシェの利回りを高めるのが目的でデットトランシェにはメリットが乏しいと指摘。「無担保ローンはCLOに含めるべきではない」と記述した。

原題:Thomas Cook CLO Cameo Raises Questions on Role of Unsecured Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE