コンテンツにスキップする

クラリダFRB副議長、インフレ戦略転換の可能性を真剣に検討と示唆

  • インフレ目標未達分、放置せずに埋め合わせる戦略に言及
  • 米金融当局はコミュニケーション、金融政策手段も再点検

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は、金融当局として物価安定目標達成のための戦略を変更する可能性を真剣に検討していることを示唆した。

  米金融当局が検討中の新たなアプローチでは、2%のインフレ目標未達でも不問に付している現行とは異なり、過去の未達分の埋め合わせにコミットする。

Fed Vice Chair Richard Clarida Speaks At Peterson Institute for International Economics

クラリダFRB副議長

  クラリダ副議長は26日、サンフランシスコ連銀主催のイベントで、多くのマクロ経済モデルにおいて「こうした埋め合わせ戦略」は経済の「平均的なパフォーマンス向上につながる」と指摘した。

  米金融当局が取り組んでいる「最も重要な疑問の一つ」は、経済モデルで可能とされる埋め合わせ戦略の利益を実際に達成することができるかどうかだと同副議長は語った。

  米金融当局は現在、金融政策を巡り広範な戦略の再点検を進めており、来年上期に作業が完了する見通し。この作業には、コミュニケーション慣行変更の可能性に加え、資産購入やフォワードガイダンスなど金融政策手段の評価も含まれる。

  クラリダ副議長は、連邦公開市場委員会(FOMC)での初期の議論を総括し、債券購入とフォワードガイダンスについては、金融危機当時よりも「自信を持って」活用できるとの結論に達したと説明した。

  ただ、「全体としてはフォワードガイダンスとバランスシートツールは有用ではあるが、金利の実効下限制約(ELB)に回帰するリスクを取り除くものではないとわれわれは判断した」と付け加えた。

原題:Fed Studying Possible Shift in Inflation Strategy, Clarida Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE