コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数が3週間ぶり高水準、月末需要続く

更新日時

26日のニューヨーク外国為替市場では、朝方下げていたドル指数が3週間ぶりの高水準に持ち直した。月末および四半期末特有のドル需要が継続したほか、中国が米製品の購入拡大に前向きだとの中国当局者発言に関する一部報道が追い風となった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇。9月4日以来の高水準
    • 中国は米製品の購入拡大に前向きだと同国外相が述べたと、ロイター通信が報道。これが遅い時間にドルを押し上げた
    • ドルは主要10通貨の大半に対し上昇
    • ドル指数は朝方下落。オセアニア通貨のショートカバー、米当局によるレポオペ継続、米国株の序盤での下落や、米・ウクライナ首脳の電話会談に関する告発書の公表などが背景
    • 中国の華為技術 (ファーウェイ)に米企業が部品などの供給を継続するための一時的な制裁猶予措置を米国が延長する可能性は低いと、米国務副次官補は述べた
  • ニューヨーク時間午後4時42分現在、ドルは対円で0.1%高の1ドル=107円82銭
    • ドルは0.3%安の107円43銭をつけた後、持ち直す展開
  • ユーロはドルに対し0.2%安の1ユーロ=1.0920ドル
    • 欧州中央銀行(ECB)のレーン理事は、金利をさらに引き下げる余地はまだあると言明し、最近の金融緩和措置を「それほど大型のパッケージではない」と評した
  • ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し0.4%高。NZ中央銀行による利下げの効果に満足しているとの中銀総裁発言の後、0.9%高となる場面があった
Recent outside day down and recent multi-year lows threaten Kiwi

欧州時間の取引

  アジア時間に下げていたドルは、東京の値決め後の月末・四半期末特有の資金フローを支えに、下げを埋めた。NZドルは主要通貨の全てに対し上昇。中銀総裁が利下げの効果を評価したことで、追加緩和観測が後退した。

原題:Greenback Rallies to Three-Week High Amid Month-End: Inside G-10(抜粋)

Dollar Steadies on Quarter-End Flows, Kiwi Rallies: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE