コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、内偵疑惑巡り来週初めに幹部処遇を決定へ-関係者

  • 法律事務所ホンブルガーが調査を担当、大詰めを迎える
  • 内偵受けたとされる行員とティアムCEOとの対立についても調査

スイスの銀行、クレディ・スイス・グループの取締役会は、ウェルスマネジメント部門の元責任者イクバル・カーン氏に対する内偵疑惑を巡り、関与があった場合の幹部らの処遇について来週初めに決定する見通しだ。

  事情に詳しい関係者は、スイスの大手法律事務所ホンブルガーが内偵疑惑の調査を行い、最終的な詰めの作業に入っていると明らかにした。情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、ホンブルガーはここ数日間で銀行当事者に聞き取りを行い、内偵があったとすれば正当化されるものだったのかどうか、合法かつ倫理的にも適切だったのかどうかを精査している。

Day Two Of The World Economic Forum (WEF) 2018

クレディ・スイスのティアムCEO

  ホンブルガーはまた、カーン氏とティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)との対立によって同行の評判が損なわれたのかどうかも調査している。

  クレディ・スイスの取締役会は、ホンブルガーから最終報告書を受け取った後で、来週初めにこの問題について会合を開く可能性が高いという。

  同行の広報担当者はコメントの要請に対し、23日に取締役会が発表した声明に言及。この声明では「調査が終わり次第、取締役会は結果を通知する。それまで追加情報を公表することはできない」としている。ホンブルガーはコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE