コンテンツにスキップする

フィリピン中銀、政策金利を0.25ポイント下げ-今年3度目の利下げ

フィリピン中央銀行は26日、0.25ポイントの利下げを実施した。物価上昇圧力が抑られている中で、金融緩和を継続するとの公約を守った。

  中銀は翌日物借入金利を4%に引き下げた。利下げは今年に入り3度目。ブルームバーグがエコノミスト28人を対象に実施した調査では、26人が今回の決定を予想していた。

Easing food prices have pressured down Philippine inflation

原題:Philippines Central Bank Makes Good on Rate-Cut Pledge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE