コンテンツにスキップする

GM、スト継続で逸失利益膨らむ-労組が対案提示

  • UAWは未決着の全項目盛り込んだ提案示す-GMの回答待ち
  • スト2、3週間続けば深刻な影響も-クレディ・スイスのレビー氏

ストライキの継続で5億ドル(約540億円)超の利益機会を逸失した米ゼネラル・モーターズ(GM)は、労使協約を巡る全米自動車労組(UAW)との交渉で岐路に立たされているようだ。

  UAWのGM部門のテリー・ディッテス副委員長は同労組指導部に宛てた25日付書簡で、未決着の項目を全て盛り込んだ提案がGM側に提示され、労組は回答待ちだと説明した。

  IHSマークイットのアナリストによると、ストで1日当たり8000台余りの生産が失われている。クレディ・スイスのアナリスト、ダン・レビー氏は利払い・税引き前利益(EBIT)が1台当たり平均約8000ドルで、ストは約9日間の生産に影響しており、この計算に基づくと逸失利益は最大5億4400万ドルに達していると、先週のリポートで指摘した。今週中に交渉が妥結しなければ、29日までに逸失利益が7億ドルに達する見通しだ。

  レビー氏はストが2、3日なら大したことなかったが、2、3週間続くとなると状況は変わると指摘している。

  GMの株価は25日に0.9%高の37.11ドルで終了。通常取引終了後の時間外取引では上げ幅を拡大した。スト開始前の13日の終値は38.86ドルだった。

原題:
GM’s Lost Profits Pile Up as UAW Offers Counter Proposals (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE