コンテンツにスキップする

日銀は10月に0.1ポイント利下げの公算-S&Pのローチェ氏

日本銀行は恐らく10月に、短期政策金利を0.1ポイント引き下げてマイナス0.2%とするだろうと、S&Pグローバル・レーティングのアジア太平洋チーフエコノミスト、ショーン・ローチェ氏が述べた。

  同氏は26日、東京都内でのインタビューで、日銀が送っているシグナルは来月の行動を示唆していると指摘。「現時点では、日本の金融緩和の根拠は例えば欧州ほど強くないかもしれないが、世界中が緩和している時に日本もそれにちょっと加わって緩和するのは恐らく理にかなっていると思われる」と語った。

  「市場は現在、マイナス金利に慣れている」とローチェ氏は述べ、それは日本にも当てはまると付け加えた。日銀がマイナス金利を「階層化していることは金融システムをある程度保護している」と指摘した。

原題:BOJ May Be Signaling October Short-Term Rate Cut: S&P’s Roache(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE