コンテンツにスキップする

ゴールドマン、ビジョンファンドへの融資エクスポージャー縮小へ

  • ゴールドマンは31億ドルの与信枠設定をアレンジ
  • ゴールドマンは最小5000万ドルの小口で与信枠譲渡の方針-関係者
Ken Miyauchi, president and chief executive officer of SoftBank Corp., speaks during the SoftBank World 2019 event.

Ken Miyauchi, president and chief executive officer of SoftBank Corp., speaks during the SoftBank World 2019 event.

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Ken Miyauchi, president and chief executive officer of SoftBank Corp., speaks during the SoftBank World 2019 event.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループは、ソフトバンクグループのビジョンファンド向けにアレンジした31億ドル(約3340億円)の与信枠の一部を譲渡する方針だ。複数の関係者が明らかにした。

  関係者1人によれば、ゴールドマンはリスク低減を図るため他の金融機関に与信枠の一部を引き受けるよう打診した。部外秘交渉だとして関係者は匿名を条件に明らかにした。ゴールドマンは過去数カ月にわたりエクスポージャーの縮小を目指してきたという。

  ゴールドマンとみずほインターナショナルが昨年アレンジに着手したブリッジローンにより、ビジョンファンドは一層迅速に取引に乗り出すことができる。ソフトバンクGの5月のプレゼンテーションによると、同ローンにはスタンダードチャータードとシティグループ、バークレイズ、カナダロイヤル銀行など他の銀行もシンジケート団に参加していた。

  関係者の話では、ゴールドマンは額面よりわずかに低い価格で与信枠の一部を譲渡する方針。同社はすでに5月に新たな金融機関をシンジケート団に加え自社のエクスポージャーを減らしているが、既存のシンジケート団以外にも目を向けている。関係者の1人によると、当初から参加している10行のうち少なくとも1行はエクスポージャー拡大に関心がない。ゴールドマンは最小5000万ドルずつの小口で与信枠を譲渡する方針だという。

  ゴールドマンとビジョンファンドの担当者はコメントを控えた。

原題:
Goldman Is Cutting Its Loan Exposure to SoftBank’s Vision Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE