コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁、当局は情勢見極めで良い位置に-直近の利下げは適切

米シカゴ連銀のエバンス総裁は、直近2回の利下げは金融政策のサイクル半ばの調整として適切だったと指摘。それにより当局は今後の情勢を見極める上で良い位置に付けているとの見解を示した。

Key Speakers At The Credit Suisse Asian Investment Conference

エバンス総裁

  総裁は25日、イリノイ州レイクフォレストで講演。「今後情勢がどう展開するか見極める上で、われわれは非常に良い位置にあると思う」と述べた。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は7月、9月と2会合連続で利下げを決定した。

  エバンス総裁は、米経済はなお力強く、見通しは明るいと指摘。堅調な消費が寄与していると説明した。ただ一方で企業の設備投資は弱い状態が続いているとしたほか、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る協議や中国経済の減速といった国外のリスクが金融市場の重しになりつつあるとの見解も示した。

  総裁は「ファンダメンタルズは良好だ」としつつ、「この状況は継続し得るが、不確実性や脆弱(ぜいじゃく)性も存在する」と加えた。

原題:
Evans Says Rate Cuts Position Fed to See How Things Play Out(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE