コンテンツにスキップする

フィリップ・モリスとアルトリア、合併協議を終了

  • 米国でのアイコス立ち上げに注力することで合意-声明
  • アルトリアのクロスウェイト氏、電子たばこジュールのCEOに

米たばこメーカーのフィリップ・モリス・インターナショナルとアルトリア・グループが合併に向けた協議を終了した。

  フィリップ・モリスのアンドレ・カランザポラス最高経営責任者(CEO)は25日に声明を発表し、「協議を重ねた結果、煙のない未来を実現するという共通の関心の一環として、両社は米国での(加熱式たばこの)アイコス(iQOS)の立ち上げに注力していくことで合意した」と述べた。

  これとは別にアルトリアの最高戦略・成長責任者を務めたK.C.クロスウェイト氏は同社を退職し、電子たばこメーカーのジュール・ラブズのCEOに就任。ケビン・バーンズ前CEOはジュールを退社する。

原題:
Philip Morris, Altria End Merger Talks as Juul Chief Steps Down(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE