コンテンツにスキップする

アラムコ、予定より1週間ほど早く石油生産能力を回復-関係者

  • アブカイクとクライスでの石油生産、攻撃受ける前かそれ以上の水準
  • アラムコは11月までに日量1200万バレルへの回復目指す

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの生産能力が、日量1100万バレルを突破した。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社が掲げていた復旧期限よりも1週間ほど早い回復となった。

  現在のアラムコの石油生産能力は全体で日量1130万バレル。このうちアブカイクにある施設の生産能力は日量492万バレル、クライスは同130万バレル。両施設での石油生産は9月14日に受けた攻撃前の水準かそれを上回っている。

  アラムコにコメントを求めたが返答は得られていない。

  同社は11月までに通常通りの日量1200万バレルへの生産能力回復を目指している。

原題:Aramco Ahead of Schedule in Restoring Oil Output Capacity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE