コンテンツにスキップする

ゴールドマンCOO、経済へのリスク高まっている-地政学的問題で

米中貿易戦争、イランとの紛争、トランプ米大統領の弾劾問題など、世界中の政治問題に起因するリスクは高まっていると、ゴールドマン・サックス・グループのジョン・ウォルドロン社長兼最高執行責任者(COO)が述べた。

  同氏は25日北京でブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「政治および地政学的問題のリスクプレミアムが上昇している」と指摘。「金融危機後の長い間、さまざまな種類の地政学的問題について市場のリスクプレミアムは実際かなり低かったが、それが変わり始めている」と語った。

  ウォルドロン氏は「中国に関連する資産、特に中国へのエクスポージャーが大きめの多国籍企業への投資が明らかに減っている」と指摘。「資本配分の多くの異なる要素で、質への逃避が若干見られる。恐らく米国は差し引きでその恩恵を受けている」と述べた。弾劾のリスクにもかかわらず、米国は現在、資本を配分するのに最も安全な場所のように思われると付け加えた。

  米10年国債利回りについて同氏は、地政学的な出来事に左右されるものの、現行水準前後で今年を終えるだろうと述べた。

原題:Goldman COO Waldron Sees Economic Risks Rising From Geopolitics(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE