コンテンツにスキップする

タイ中銀、政策金利据え置き-成長リスク増大も政策余地残す

  • 8月の会合では予想外の利下げに踏み切っていた
  • 政策金利を1.50%に据え置くことを全会一致で決定

タイ銀行(中央銀行)は25日、政策金利の据え置きを決めた。前回8月の会合では予想外の利下げに踏み切っていた。世界経済の減速が国内景気見通しの重しとなる中、政策余地を残しておく。

  タイ中銀の声明によれば、金融政策委員会は政策金利を1.50%に据え置くことを全会一致で決定した。ブルームバーグが調査したエコノミスト29人のうち、21人が金利維持を予想。残る8人は1.25%への利下げを見込んでいた。

Currency strength is among the impediments for Thailand's slowing economy

原題:
Bank of Thailand Holds Interest Rate As Risks to Growth Mount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE