コンテンツにスキップする

ラガルド次期ECB総裁、リセッション可能性低いが貿易戦争はリスク

ラガルド次期欧州中央銀行(ECB)総裁は、世界経済がリセッション(景気後退)入りする可能性は低いが、貿易摩擦は成長見通しに対する最大のリスクだとの認識を示した。

  ラガルド氏は24日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「リセッションに陥るのは基本的シナリオではない」ものの、「あまり強くない成長が、本質的に1つの大きな脅威のためにリスクにさらされている」とし、そのリスクとは「現在進展しつつあるか醸成されつつある貿易戦争と、それが投資家に抱かせる不透明感だ」と語った。

ラガルド次期欧州中央銀行(ECB)総裁

原題:Lagarde Says Global Recession Unlikely But Trade a Key Risk (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE