コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル全面安、大統領弾劾の動きや経済指標軟調が重し

更新日時

24日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要10通貨の全てに対し下落。トランプ大統領の弾劾尋問が始まる可能性や、軟調な米経済指標、株安などがドルを圧迫した。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下
    • ペロシ米下院議長が正式な大統領弾劾尋問の開始を発表すると米紙ワシントン・ポストが報じた後、この日の安値を付けた
    • これより先、疑惑の焦点となっているウクライナ大統領との電話会談について、記録を25日に全面公表するとトランプ氏がツイート。これを受け、指数は下げ幅を縮小していた
    • 「弾劾は多くの理由からドルには悪材料だ。あまりに多くの政治的エネルギーが吸い上げられてしまい、中国との通商合意の確率は低下する」-バンク・オブ・モントリオールのグレッグ・アンダーソン氏が電子メールで指摘
    • 9月の米消費者信頼感指数が3カ月ぶり低水準となったことも、ドルと米国株を圧迫
  • ニューヨーク時間午後4時30分現在、ドルは対円で0.5%安の1ドル=107円07銭
    • トランプ米大統領は、25日の日米首脳会談で貿易合意に向けた進展を継続すると話した
Possible impeachment inquiry, soft data, weak stocks weigh
  • ポンドはドルに対し0.5%高の1ポンド=1.2491ドル
    • ジョンソン英首相による議会閉会は違法と、英最高裁判所は判断。英議会は25日に再開するとバーコウ下院議長が発表
    • 司法の判断は「正しいとは思わないが、先へと進む」とジョンソン首相は言明
    • ポンドは一時1.2503ドルに上昇
  • ユーロはドルに対して0.2%高の1ユーロ=1.1017ドル

欧州時間の取引

  ドイツIfo経済研究所の独企業景況感指数は、経済についてまちまちなシグナルを示した。ユーロは狭い値幅で推移。英議会閉会を巡る最高裁の判断を控え警戒感が強い中、ポンドも横ばいとなった。

原題:Dollar Falls on U.S. Political Chaos, Soft Data: Inside G-10(抜粋)

Euro Steadies as German Ifo Paints Mixed Picture: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE