コンテンツにスキップする

米朝実務者協議、2-3週間以内に再開の可能性-韓国国家情報院

  • 実務者協議で合意に至れば年内に米朝首脳会談も
  • 中朝国交樹立70周年で金委員長が年内に5度目の訪中も

韓国の国家情報院は24日、米朝の実務者レベルの協議が2-3週間以内に再開する可能性が高いとの見方を示した。同院と国会情報委員会の会合後、与党のキム・ミンギ議員が記者団に明らかにした。

  実務者協議で合意に至れば、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による次回首脳会談は年内に開催される可能性があるという。

  また、今年は中朝国交樹立70周年に当たるため、金委員長が年内に5度目の訪中を行う可能性もあるとした。

  11月に釜山で開かれる韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議に金委員長が出席するかどうかは米朝の非核化交渉の進展次第だという。

原題:N. Korea-U.S. Talks Possible in 2-3 Weeks: S. Korea Spy Agency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE