コンテンツにスキップする

アップル、テキサス州でMac Pro次期モデル生産へ-部品の関税免除で

  • テキサス州オースティンでフレックスが運営する工場で組み立てる
  • 中国から輸入の主要部品、25%関税対象から除外すると米政府承認

アップルは23日、高性能デスクトップ型パソコン(PC)「Mac Pro(マック・プロ)」の次期モデルをテキサス州で組み立てると明らかにした。主要部品が輸入関税対象から除外されたことを受けた。

  同社の発表によると次期モデルは、従来モデルを2013年以降生産してきたフレックスがオースティンで運営する工場で組み立てる。アップルは中国から輸入する主要部品10項目を25%関税賦課の対象から免除するよう求めてきたが、これを米政府が20日承認したことで、テキサス州での次期モデル生産が「可能になった」と説明した。これら部品にはプロセッサーや電源用部品、PCケースなどが含まれる。

apple mac pro GETTY Sub

マック・プロ

  一部主要部品は中国で生産後、最終組み立てに向けて米国に輸出されるが、次期モデルには価値ベースで従来モデルの2.5倍の米国製部品が搭載されるともアップルは付け加えた。こうした部品の製造はニューヨーク、バーモント、アリゾナなどの州にある米企業12社余りが手掛けるという。

  アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「この機会をもたらした米政権の支援」に感謝すると述べた。

Mac Pro facility in Texas

テキサス州オースティンでフレックスが運営する工場

  アップルはマック・プロの次期モデル生産を近く開始するとしたが、具体的な時期は示さなかった。

原題:
Apple’s New Mac Pro to Be Assembled in Texas After Tariff Waiver(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE