コンテンツにスキップする

ビットコインが下落-現物引き渡し型先物の取引開始

  • ICEは初の現物引き渡し型のビットコイン先物を提供
  • Bakktのプラットフォーム、初日の売買は低調だった
An employee uses a laptop computer branded with bitcoin logos inside the offices of La Maison du Bitcoin bank.

An employee uses a laptop computer branded with bitcoin logos inside the offices of La Maison du Bitcoin bank.

Photographer: Chritophe morin/Bloomberg
An employee uses a laptop computer branded with bitcoin logos inside the offices of La Maison du Bitcoin bank.
Photographer: Chritophe morin/Bloomberg

23日にインターコンチネンタル取引所(ICE)で初の現物引き渡し型のビットコイン先物が取引を開始した。売買は低調だったが、ビットコインの10年にわたる激動の歴史において新たな一章を切り開いた。

  ニューヨーク時間午前11時(日本時間24日午前0時)の時点で、ICEの「Bakkt(バックト)」プラットフォームで38枚の現物引き渡し型ビットコイン先物の取引が行われた。ビットコイン価格は2.4%安の9892ドル。

  業界アナリストによると、今回のビットコイン先物は連邦規制当局の認可を受けているため、これまで慎重姿勢を保っていた保守的な投資家がビットコインをポートフォリオに追加し始めるよう後押しする可能性がある。また、金融のプロがビットコインを真剣に受け止めるような市場構造を作る取り組みも促進する。

relates to ビットコインが下落-現物引き渡し型先物の取引開始

  ビットコインは年初来では約175%上昇しており、世界の他の資産のパフォーマンスを上回っている。

Cryptocurrency rises since venture's introduction

原題:Bitcoin Drops as One-Day Futures Make Debut in Light Trading(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE