コンテンツにスキップする

米農務長官、中国が米国産大豆・豚肉の購入を続けることを望む

  • 実質的な協議は中国代表団が「近々」訪米した際に行われると長官
  • 中国の輸入業者が23日に米国産大豆60万トンを買い付け-ロイター

パーデュー米農務長官は23日、中国は自国の大豆と豚肉の需要を満たすために米国を必要としているとした上で、中国が購入を続けるよう「われわれは望んでいる」と、コロラド州デンバーでのイベントで語った。

  パーデュー長官は米国産の大豆・豚肉の購入について、それが貿易を巡る善意の印であれ、単なる必要性によるものであれ、いずれにせよ「素晴らしいスタートだ。話し合いと交渉は続いている」と発言。「これが引き続き実を結ぶことを望む」と述べた。

  先週の米中次官級貿易協議を巡っては、「コミットメントはなされなかったが、基礎を築く生産的なもの」だったとし、実質的な協議は中国代表団が「近々」訪米した際に行われるだろうと説明した。

  同長官は、中国が米国産大豆を2000万トン購入するとした公約をまだ実行しておらず、トランプ政権は中国にさらなる購入を求めていると述べ、「中国が購入することを望む。中国の決断次第だ」と語った。また中国は貿易慣行を改革する必要があると指摘した。

  中国代表団の米農場視察が中止された問題については、理由を承知していないとした上で、スケジュール上の問題だろうとの見方を示唆した。

  ロイター通信は事情に詳しい複数のトレーダーを引用し、中国の輸入業者が23日、米国産大豆を約10カーゴ(約60万トン)買い付け、太平洋岸北西部の積み出し港から10-12月に出荷されると報じた。

原題:Perdue Says He Hopes China Will Keep Buying U.S. Soy and Pork
   Chinese Importers Buy About 600k Tonnes of U.S. Soybeans: Rtrs (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE