コンテンツにスキップする
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

米金融当局は警戒姿勢崩さず、短期金融市場は不安な静けさ取り戻す

  • レポ金利は23日早い時点で1.92%、同日の資金供給は658億ドル
  • 連邦準備制度は動向を注意深く見守る-ウィリアムズNY連銀総裁
NEW YORK, NEW YORK - DECEMBER 19: People walk by the New York Stock Exchange (NYSE) as the Federal Reserve Board Chairman Jerome Powell holds a news conference on December 19, 2018 in New York City. U.S. stocks fell on Wednesday after the Federal Reserve raised interest rates for the fourth time in 2018. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

米国の短期金融市場は先週の波乱から一息ついているが、 連邦準備制度は今回の混乱が当局や金融システムにどのような影響を及ぼすか、検証していく構えだ。

  前例のない急騰を見せたレポ金利は先週末に落ち着きを取り戻し、23日も安定して推移した。ICAPによると、レポ金利は9月17日に10%と、通常の4倍前後に急上昇したが、23日の早い時点では1.92%。

  先週の急騰を受け、ニューヨーク連銀は連日、翌日物システムレポ(自己勘定による売り戻し条件付き買いオペ)で最大750億ドル(約8兆600億円)を供給してきたが、23日の資金供給は658億ドルにとどまった。

  ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は23日、米国債市場関連の会合で、当局が「市場動向を引き続き注視し、注意深く分析する」と説明。「準備預金の適切な水準への意味合いと連邦準備制度のバランスシートの自律的拡大を再開させる時期について見極めていく」考えを示した。

  ニューヨーク連銀はフェデラルファンド(FF)金利の実効レートを誘導目標の範囲内に維持するため、10月10日まで翌日物レポで1営業日当たり最大750億ドルを供給する予定。さらに、2週間物レポを計3回実施し、少なくともそれぞれ総額300億ドルを供給する。

原題:
Fed Takes Stock of Battered Money Markets as Uneasy Calm Returns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE