コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンドが約1週間ぶり安値、英議会閉会巡る判断控え

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場ではポンドの下げが目立った。ジョンソン英首相が議会閉会を決定したことの合法性についての英最高裁判断をトレーダーらは待っている。軟調な欧州の製造業統計を受け、世界経済の成長鈍化を巡る懸念が再燃し、ドルはユーロやポンドに対し上昇。

  • ニューヨーク時間午後4時35分現在、ポンドはドルに対し0.3%安の1ポンド=1.2435ドル。ほぼ1週間ぶりの安値
    • 24日午前の英最高裁判断は欧州連合(EU)離脱の行方を決定づける可能性がある
    • ジョンソン首相は今週の国連総会に合わせて一部欧州諸国のトップと会談予定。ただそこでのEU離脱問題の進展を期待すべきではないと首相は話した
  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇
    • 主要10通貨に対してドルは高安まちまち。ニュージーランド・ドルなどに対しては下げ、ユーロやポンドに対しては上昇
    • 米10年債利回りは1.72%近辺。早い時間には9月10日以来の低水準をつけていた
  • ユーロはドルに対して0.2%安の1ユーロ=1.0992ドル
    • 一時は1ユーロ=1.0966ドルと、9月12日以来の安値をつけた
    • IHSマークイットが発表した9月のドイツ総合購買担当者指数(PMI)は49.1と、前月の51.7から低下。2012年10月以来の低水準
    • ユーロ圏の総合PMIも市場予想を下回った。マークイットによると第3四半期のユーロ圏成長率は0.1%にとどまり、今後数カ月間にさらに悪化する可能性がある
    • フランスの製造業統計も予想を下回った
    • 「ユーロ圏のPMIが極めて悪く、ユーロや高ベータ通貨の新たな売り材料となった」-JPモルガンのミーラ・チャンダン氏、23日付の顧客向けリポートで指摘
  • ドルは円に対し0.1%安の1ドル=107円50銭

欧州時間の取引

  ユーロが下落。ユーロ圏製造業の一層の低迷と、その悪影響がサービス業に及んでいることを示す独仏経済指標の発表を受け、1ユーロ=1.10ドルを割り込んだ。

原題:Pound Sinks to Lowest in a Week Before Court Ruling: Inside G-10

Euro Slides as Services Feel Manufacturing Slump: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE