コンテンツにスキップする

中国株、人民元が下落-10月の国慶節連休控え

23日の中国金融市場で本土株が下落、人民元も下げた。10月初めには国慶節の連休が控えており、投資家が利益確定に動いたとみられる。

  上海総合指数は1%下落の2977、人民元は対ドルで一時0.52%下げて1ドル=7.1287元をつけた。人民元はここ1週間ほど7.1元付近および30日移動平均あたりの水準で取引されている。人民元が下落しても中国人民銀行(中央銀行)が設定する中心レートは1ドル=7.1元より強い水準で維持されている。

  投資家は依然として米中貿易交渉に具体的な進展があるのかどうか確信を持てずにいる。関係者が明らかにしたところによると、中国代表団が米国の農場視察を先週取りやめたのは米国の要請によるものだった。10月1日の国慶節からオンショアの金融市場は5営業日にわたり休場となる。

  • 関連記事:上海総合指数は下落、1%安;中国工商銀行が主導

原題:China Stocks Fall, Yuan Weakens Ahead of National Holiday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE