コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

韓国、輸出の減少続く-10カ月連続減となる見込み

  • 9月1日から20日までの輸出、前年同期比22%減-関税庁
  • 米中貿易戦争や輸出管理巡る日本との対立が影響
A worker inspects a container shipment as a truck carrying a container drives through the Busan Port Terminal (BPT) at the Port of Busan in Busan, South Korea, on Tuesday, July 30, 2019. A trade dispute between South Korea and Japan is threatening to spiral out of control, and both governments want the White House on their side.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

韓国の輸出は10カ月連続での減少となりそうだ。貿易を巡る対立やテクノロジー分野の不振が重しとなっている。

  韓国関税庁の23日の発表によると、9月1日-20日までの輸出は前年同期比22%減少した。最大の貿易相手国である中国への輸出は同30%減、半導体全体の輸出も同40%減少した。

  世界的な需要の低迷が韓国企業の設備投資や雇用に悪影響を与えており、同国の経済成長は世界的な金融危機以来の低成長となりそうだ。米中の貿易戦争は終結の兆しが全く見えず、輸出管理強化を巡る日本との対立も強まり、アジアの主要なサプライチェーンの景況感を損ねている。

Falling exports bring GDP forecast down with them

  同じ期間の輸入は同11%の減少。対米輸出は同21%減となった一方、米国からの輸入は同6.4%の増加。対日輸出は同14%、輸入は同17%のいずれも減少だった。関税庁によると、今年の9月1日-20日は昨年よりも2営業日少なかった。

原題:
South Korea Exports Tumble Again as Trade Spats Darken Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE