コンテンツにスキップする

WeWorkの一部取締役、ニューマンCEOの退任探る

  • 取締役会が23日に会合を開く計画、ニューマン氏に非執行会長案も
  • ソフバンクG孫正義会長兼社長もニューマン氏の退任支持とCNBC
アダム・ニューマンCEO

アダム・ニューマンCEO

Photographer: Michael Kovac/Getty Images
アダム・ニューマンCEO
Photographer: Michael Kovac/Getty Images

シェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークの一部の取締役が、アダム・ニューマン最高経営責任者(CEO)の退任要求を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社は新規株式公開(IPO)の延期を決めたばかり。

  協議が続いているとして匿名を条件に話した関係者によれば、ウィーワークの親会社ウィー・カンパニーのCEOをニューマン氏(40)が退任することを外部筆頭株主のソフトバンクグループと関係のある幹部が望んでいる。CNBCは22日、ソフトバンクGの孫正義会長兼社長もニューマン氏の退任を支持していると匿名の関係者を引用して報じた。

  ウィーワークとソフトバンクの担当者はいずれもコメントを控えた。ウィーワーク取締役の動きを巡っては米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が22日、先に報じていた。

  関係者によると、取締役会は23日に会合を開く計画。ニューマン氏にウィーの非業務執行会長就任を要請する案を検討する。

  ただ、一部の取締役がニューマンCEOの退任を望んでも同社のガバナンス構造を考えると容易なことではない。目論見書によると、同CEOは支配株式数に基づき、単独で取締役全体を解任する権限を持つ。

原題:WeWork Board Members Seek to Remove Adam Neumann as CEO (3)Pressure Mounts on WeWork CEO Adam Neumann as Board Mulls Coup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE