コンテンツにスキップする

米国、中東に軍増派へ-サウジの石油施設への攻撃を受け

米国は、先週末のサウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、中東に比較的小規模の米兵の増派を行い、サウジ向けにミサイル防衛力の強化を図る。エスパー米国防長官らが20日、明らかにした。

  エスパー長官は、今回の決定はサウジとアラブ首長国連邦(UAE)の要請に基づくもので、米国の対応としては「最初のステップ」となると説明。エスパー長官と米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長はホワイトハウスでの国家安全保障担当者の会議後に記者に対し説明した。

  両氏は依然として具体的な兵士の数や兵器システムについて検討しているところだとしながらも、派遣人数は比較的少規模で数千人に達することはないだろうとした上で、詳細は近く発表されるとした。

原題:U.S. Orders Defensive Boost to Mideast After Saudi Attacks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE