コンテンツにスキップする

米大統領選:NY市長、民主党の候補者指名争いから撤退-支持伸びず

米ニューヨーク市のデブラシオ市長(58)は、来年の大統領選挙に向け民主党からの指名を目指すことを断念する意向を明らかにした。

  同市長は20日のMSNBCでのインタビューで、幅広い支持を集めることができなかったことを受けて、候補者指名争いから撤退すると発表した。「党の指名を受ける候補が誰であっても支持する」と語った。

  5月に出馬表明した市長は、トランプ大統領を批判し、大統領を打ち負かすには自分は最適な人物だと訴えていた。

Democratic Presidential Candidates Speak At Historic Galivants Ferry Stump

デブラシオ市長

原題:NYC’s De Blasio Ends Presidential Run After Low Poll Numbers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE