コンテンツにスキップする

トランプ大統領、中国との「部分合意」望まないと言明

  • 中国との貿易対立、「求めているのは完全な合意」と強調
  • 20年大統領選への影響は否定も、合意できれば再選に「ポジティブ」

トランプ米大統領は貿易を巡り対立する中国と部分的な合意を結びたいとは考えていないと述べ、貿易戦争が2020年大統領選挙での得票に響くことはないとの見方を示した。

  トランプ氏は20日、ホワイトハウスで開いたモリソン・オーストラリア首相との共同記者会見で、「部分合意は求めていない。求めているのは完全な合意だ」と言明した。

President Trump Welcomes Australian Prime Minister Scott Morrison To Washington On State Visit

共同会見するトランプ米大統領(右)とモリソン豪首相(左)(20日、ワシントン)

  米中は今週ワシントンで、次官級協議を開催。これを下準備に、10月初旬に閣僚級協議を実現させる狙いがある。トランプ氏は協議再開を自賛、10月1日に予定していた中国からの輸入品2500億ドル(約27兆円)相当に対する関税引き上げを「善意の意思表示」として延期した。

  トランプ氏は記者会見で、中国の習近平国家主席と「素晴らしい」関係にあるが、今は「ちょっとした仲たがい」だと語った。

  「有権者は分かってくれると思う」とし、「選挙に何らかの影響があるとは思わない」と発言。一方で、米中が合意できれば大統領再選の見通しには恐らく「ポジティブ」だろうと述べた。

 

原題:
Trump Dismisses ‘Partial Deal’ With China to End Trade War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE