コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

コメルツ銀行は4300人削減を計画、資産売却も想定

Skyscrapers including the headquarters of the European Central Bank (ECB), left, Commerzbank AG, center, and twin tower headquarters of Deutsche Bank AG, right, stand illuminated at dusk in the financial district in Frankfurt, Germany, on Tuesday, Aug. 13. 2019. Germany’s economy shrank in the second quarter, ramping up pressure on Chancellor Angela Merkel to unleash fiscal stimulus as manufacturers reel from a U.S.-China trade war.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツのコメルツ銀行は新たな戦略計画の一環として4300人を削減する計画だ。新たな戦略では、リスク低減と資本確保に向け、傘下に置くポーランドのMバンク部門の持ち分売却も想定している。

  コメルツ銀は20日、グループ全体でのさらなる人員削減について「残念だが、不可欠」だと説明した。同行は今年、ドイツ銀行との合併協議が破談に終わっていた。Mバンクの売却により、リスク加重資産は約170億ユーロ(約2兆円)減少するという。

Martin Zielke

マルティン・ッィールケCEO

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  マルティン・ツィールケ最高経営責任者(CEO)は景気鈍化と一段の金利低下見通しに対処する中、コスト削減を強化している。CEOは2020年末までを対象期間とした現在の再建計画を打ち出したが、目標の多くを諦めざるを得なかった。当初の計画では7300人の削減を目指していたが、今年になって削減目標を5300人未満に修正した。

原題:
Commerzbank Planning to Cut 4,300 Jobs in New Strategic Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE