コンテンツにスキップする

福岡市でカジノ誘致の動き、「アジアの玄関口」強みに福岡JCが意欲

  • 九経連など参加し、30日にIRのシンポ開催、提言作成も-福岡JC
  • 日本型IR、横浜市、大阪府・市、長崎、和歌山両県が名乗り

福岡市でカジノを含めた統合型リゾート施設(IR)の誘致に向けた動きが出ている。福岡青年会議所(福岡JC)が中心となって構想をまとめる方針で、今月末には九州経済連合会(九経連、麻生泰会長)なども参加するシンポジウムを開催し、誘致に向けた機運を高める考えだ。

General Images Of Fukuoka As City Draws Startups to Buck Trend in Aging Japan

福岡市

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  福岡JCは、IR誘致に向けたウェブサイトを開設。将来の人口減少や高齢化による経済活力の低下、財政の弱体化は避けられないとして、IRによって福岡をより元気に、住みよい街にすることを目指すと表明した。今後、IRのイメージ動画を公開し、誘致に関するアンケートも実施する考えだ。

  30日には、福岡市内で専門家のほか、九経連も参加するIRについてのシンポジウムを開催する。そこでの議論も踏まえ、青年会議所として福岡へのIR誘致に向けた提言書をまとめる方針。提言書は福岡商工会議所などの経済団体に提出し、賛同が得られればそれらをまとめて福岡市に提出することにしている。

  福岡JCの戸嶋太一理事は、IRの誘致は「九州のハブ、アジアからの玄関口でもある福岡の強みが生かせる」と強調。市の将来を考えると「元気なうち、余力のあるうちにどんどん対策を打っていかないといけない」として、カジノやエンターテインメント施設、大規模ホテルによる雇用拡大や国内外の観光客の消費増に期待をかける。

  福岡市の推計人口は、9月1日現在で約159万人と九州では最も多い。香港、上海、台北、ソウル、マニラなどアジアの主要都市を結ぶ福岡空港は中心市街地まで地下鉄で10分程度というアクセスの良さが特徴。青年会議所では、IRの候補地としては、博多港中央ふ頭などを想定している。

  昨年成立したIR整備法では、当面は日本全国で最大3カ所に設置を認めることにしている。横浜市、大阪府・市と長崎、和歌山両県がすでに誘致を表明している。昨年実施された内閣府の調査では東京都、北海道、千葉市も申請を検討中と回答した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE