コンテンツにスキップする

FAA新長官がボーイング訪問-737MAXシミュレーター試す

  • 「他のボーイング機と変わりない」とディクソン長官
  • 海外当局が米国の判断に従うことを望むが、単独で行動する用意も

米連邦航空局(FAA)のディクソン新長官は19日、ボーイングの施設を訪れ、737MAXのフライトシミュレーターを試した。運航停止となっている同型機を巡る論議について理解を深める狙いがある。

  シアトルにあるボーイング施設で一連の操作を行ったディクソン長官は、737MAXの2件の墜落事故に関連する追加的なテストを同日中に実施する見込みだと説明。MAXの飛行については「他のボーイング機と変わりない」と述べたが、その判断については言及しなかった。

  民間機の元パイロットで8月にFAA長官に就任したディクソン氏は、カナダのモントリオールで23日に開催される会合で約50カ国・地域の当局者を前に演説する予定。同長官はMAXについて海外の当局が米国の判断に従うことを望む考えを明らかにしたが、FAAは必要に応じて独自に動く用意があるとの立場を示した。

原題:FAA’s New Chief Flies 737 Max Simulator on Visit to Boeing (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE