コンテンツにスキップする

米民主党議員ら、情報当局者を非難-内部告発内容を議会に明かさず

  • 告発者はトランプ大統領と外国首脳の会話を問題視したとWポスト
  • トランプ大統領は外国首脳との会話で「不適切」発言との見方否定

トランプ米大統領の外国首脳との電話会談での発言を問題視した米情報機関の当局者が内部告発をしたとされる問題で、米民主党議員らは19日、内部告発の詳細を議会に明かさない情報当局者らを非難した。一方、同大統領はこの日のツイッター投稿で、外国首脳との会話で「不適切」な発言をしたとの見方を否定した。

  事情に詳しい関係者によると、内部告発を受け取ったのは米情報機関を担当するマイケル・アトキンソン監察官で、同監察官はこの日の下院情報特別委員会への非公開の説明会で、情報当局者の告発は特定の一連の出来事に焦点を絞っていたと述べた。

  同監察官はこの出来事にトランプ大統領が関わっていたかどうか言及を避けたが、米紙ワシントン・ポストは、この内部告発者は大統領と外国首脳の会話を引用していたと報じた。

  トランプ大統領はツイートで、「『多くの人が参加している』と思われる外国首脳との電話会談で私が不適切な発言をすると考えるほど愚かな人はいないだろう」とコメントした。

  シフ下院情報特別委員長はアトキンソン監察官との会合後、法律が義務付けている内部告発内容の議会への開示を情報機関は拒否していると非難。「この件に関する報道が正しいのか間違っているのかわれわれは知りようがない」と記者団に語った。

  同委員長はまた、この情報非開示には司法省が関与しているが、ホワイトハウスも関わっているかどうかは分からないと述べた。

  下院情報特別委の18日夜の発表資料によれば、マグワイア国家情報長官代行は今月26日に同委公聴会に出席する予定。

原題:White House Rebuffs Democrats as Whistle-Blower Case Snowballs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE