コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

MUFG、香港とシンガポール人員半減へ-ロンドンも削減検討とFT

  • MUFGセキュリティーズのスタッフ180人のうち最大90人減らす
  • トレーディング部門がほぼ廃止されセールスなどの人員も大幅削減
Signage is displayed at a MUFG Bank Ltd. Next store in Tokyo, Japan, on Tuesday, Jan. 16, 2019. Lenders have begun allowing customers to transfer money or make payments with their smartphone or a tablet, instead of hanko, a personal stamp used to sign documents.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、日本を除くアジアの投資銀行の人員の半分を削減する準備を進めていると英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

  事情に詳しい複数の関係者からの情報を同紙が引用したところでは、香港とシンガポールのMUFGセキュリティーズのスタッフ180人のうち最大90人を減らす方針をMUFGの経営トップが決定し、行員らに来月通知される見通しだ。

  同紙が伝えた関係者の話によれば、トレーディング部門がほぼ廃止されるほか、セールスとバックオフィスの人員も大幅に削減され、ロンドンに職務が移転される。一方、アジアのデットキャピタルマーケッツ・チームは何人かのメンバーを失うものの、ほぼ元の形で存続するという。

  FT紙によると、総勢2000人規模のロンドンのバンキング・ブローカレッジ業務でも人員削減が検討されているが、最終的な規模は確定していないという。

  MUFGはFT紙に対し、「われわれは競争力と顧客にとっての価値を確実に維持するため、プレゼンスを持つ全ての市場における業務を絶えず見直している。一般論として臆測やうわさにはコメントしない」と回答した。

原題:MUFG Set to Halve Workforce in Hong Kong, Singapore: FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE