コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンド上昇、ユンケル欧州委員長の発言で楽観ムード

更新日時

19日のニューヨーク外国為替市場では、ポンドが大幅に上昇した。欧州委員会のユンケル委員長が、英国の合意なき欧州連合(EU)離脱を阻止するためにあらゆる手段を講じる考えを表明した。ドルはこの3日間で2回目の下げとなった。

  • ポンドはユンケル委員長の発言を受けて、対ドルで一時0.7%上昇し、7月15日以来の高値を付けた。このほか、アイルランドのバラッカー首相は来週ニューヨークでジョンソン英首相と会談し、離脱問題で合意を模索すると発言した
  • 主要10通貨では円やスイス・フランの上げも目立った。日本銀行とスイス国立銀行(中央銀行)はそれぞれ政策金利の据え置きを決めた
  • ニューヨーク時間午後4時53分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で今後の追加利下げの道筋が明確に示されなかったことから、前日は0.3%上昇していた
  • ポンドはドルに対して0.4%高の1ポンド=1.2527ドル
    • イングランド銀行(英中銀)は政策金利の据え置きを決定。EU離脱を巡る不確実性が続く場合、インフレは予想よりも弱くなる可能性があると指摘した
  • ドルは円に対して0.4%安の1ドル=108円05銭。一時は0.6%下げ、107円79銭を付けた
    • 日銀の黒田東彦総裁は7月の前回会合時より追加緩和に前向きな姿勢を示したものの、その際は現行政策の枠組みで対応する意向を明らかにした
  • ドルはスイス・フランに対しては0.4%安。一時は0.7%下落した
  • ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1041ドル 

欧州時間の取引

  円やスイス・フラン、ノルウェー・クローネが主要10通貨の中で特に上昇。日銀やスイス中銀、ノルウェー中銀それぞれの金融政策発表に反応した。ノルウェー中銀は大方の市場予想に反して0.25ポイントの利上げに踏み切った。利上げはここ1年で4回目。

原題:Sterling Surges on Brexit Comments by EU’s Juncker: Inside G-10(抜粋)

Franc, Yen Lead Gains After Central Bank Decisions: Inside G-10(抜粋)

(ポンドを主体にし、相場を最新にして更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE