コンテンツにスキップする

南ア中銀、政策金利を据え置き-財政や格付け巡り不透明性高まる

  • 金融政策委員会、全会一致で政策金利6.5%に維持-大方の予想通り
  • 今年のインフレ予測と今後2年間の経済成長を下方修正

南アフリカ共和国の中央銀行は政策金利を据え置き、財政や同国の信用格付けを巡る不透明性が解消されるまでは緩和を再開しない可能性を示唆した。

  南アフリカ準備銀行(中央銀行)のクガニャゴ総裁は19日、金融政策委員会(MPC)が全会一致で政策金利のレポ金利を6.5%に維持すると決定したことを明らかにした。ブルームバーグが実施したエコノミスト調査では、18人中14人がこの決定を予測していた。

  中銀はまた、今年のインフレ予測と来年および再来年の経済成長予測を下方修正し、金融緩和の余地があることを示唆した。国営電力会社エスコム・ホールディングスの救済負担による財政リスクや、ムーディーズ・インベスター・サービスが格付けをジャンク級(投機的水準)に引き下げる可能性など、経済は不確実性に取り囲まれている。

 

Change of Direction

South Africa's MPC's vote went from a unanimous cut to a unanimous hold

Source: South African Reserve Bank

Note: The MPC had 7 members between March and September 2018, then 6 and then 5

原題:
South Africa Leaves Benchmark Interest Rate Unchanged at 6.5%(抜粋)

    Economic Release Details SARPRT INDEX ECOD
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE