コンテンツにスキップする

ロンドンが失ったバンカーの数は1000人-EU離脱準備でこれまでに

  • EYが金融機関222社からのコメントを基にリポートをまとめた
  • 約135兆円の資産をロンドンから移転させる可能性も指摘

英国の欧州連合(EU)離脱期限まであと約6週間となったが、ロンドンからの投資銀行バンカーの移動はそれほど多くない。EYの調査が示した。

  EYのリポートによると、2016年6月の国民投票から現在までに、ロンドンからフランクフルトやパリなどに移されたポストは1000程度。離脱によって数万または数十万人の職がEU内に移るとの推計もあった。

  EYは、離脱期限が3月末から延期された後の銀行の活動鈍化について、無秩序な離脱に対するそれまでの準備についての業界の自信を反映しているとの見方を示した。金融機関222社からの離脱についてのコメントを基にリポートをまとめた。

  金融機関が短期的に7000人の職を移転することになる可能性があるとEYは試算。また、1兆ポンド(約135兆円)の資産をロンドンから移転させる可能性があるとの見積もりを示した。この推計額は6月に公表した前回調査と同じで、既に移転された資産額には触れていない。

原題:Brexit Has Cost London Just 1,000 Investment Bank Jobs So Far(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE