コンテンツにスキップする

インドネシア中銀、3カ月連続利下げ-政策金利5.25%に (訂正)

訂正済み
  • 0.25ポイント利下げはエコノミスト28人中21人の予想通り
  • 中銀は緩和的な金融政策スタンスを維持する

インドネシア銀行(中央銀行)は19日、3カ月連続の利下げを発表した。世界的な景気減速の中で、成長てこ入れを図る。

  中銀は政策金利の7日物リバースレポ金利を5.25%とし、従来から0.25ポイント引き下げた。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では28人中21人の予想通りとなった。残りは据え置きを見込んでいた。中銀は緩和的な金融政策スタンスを維持する。

 

Focus has shifted from currency stability to supporting growth

  中銀はまた、成長促進のためのマクロプルデンシャル措置の一環として不動産と自動車向けローンの規制も緩和した。

  ペリー・ワルジオ中銀総裁は記者団に対し、今回の措置は「世界的に減速しつつある経済環境の中で国内経済成長の勢いを守るための予防的措置だ」と説明した。

  中銀は今年の経済成長率が5-5.4%という予想レンジの中間点を下回るとみている。政府による現在の成長率見通しは約5.1%。

原題:Indonesia Cuts Rate for Third Month to Bolster Growth (Correct)、CORRECT: Indonesia Cuts 7-Day Reverse Repo Rate to 5.25% (抜粋)

(原文を差し替え、最終段落で5.1%成長率見通しが政府予想であることを明確にします.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE