コンテンツにスキップする

USスチール:7-9月の赤字幅は市場予想上回る見通し

  • ニューコア、スチール・ダイナミクスに続き警告
  • コークス施設の火災や事業再編費用に加え鋼鉄が値下がり

USスチールが18日発表した7-9月(第3四半期)の赤字幅見通しはアナリスト予想を大きく上回った。この3日間で、業績見通しに関して警告した3社目の米鉄鋼メーカーとなった。

  USスチールはコークス製造施設で昨年12月に起きた火災や事業再編費用に加え、鋼鉄の値下がりを理由に挙げた。18日の発表資料によると、同社は7-9月期の調整後1株損益を35セントの赤字と予想している。アナリスト予想の平均は6セントの赤字。

  米最大手ニューコアと同業スチール・ダイナミクスも今週、アナリスト予想に届かない業績見通しを発表した。鉄鋼各社は7-9月期に入って若干の値上げを実施したが、買い手が値上げをなかなか受け入れず、業界の追い風になるはずの鉄鋼関税導入から1年余り経過する中で楽観的な見方が後退していることが浮き彫りとなった。

  キーバンク・キャピタル・マーケッツのアナリスト、フィル・ギブス氏は電話インタビューでUSスチールの発表について、「これは米エネルギーセクターに見られ始めた変調と、こうした傾向の欧州での広がりを裏付けている」と発言。「鉄鋼各社はいまのところどこからも助けを得ていない」と述べた。

  この発表を受け、18日の米株式市場時間外のニューヨーク時間午後5時50分(日本時間19日午前6時50分)時点、同社の株価は8.1%安となった。

Domestic price hovering at pre-tariff levels

原題:U.S. Steel Becomes Third in Industry to Miss Earnings Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE