コンテンツにスキップする

ドル・円が108円割れ、日銀追加緩和見送りで円買い強まる

更新日時

東京外国為替市場のドル・円相場は7週間ぶり高値付近から反落。日本銀行がマイナス金利の深掘りなどを見送ったことを受けて円買いが強まり、ドル・円は1ドル=108円を割り込んだ。

  • ドル・円は午後3時26分現在、前日比0.4%安の107円98銭で、一時107円79銭まで下落
    • 前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後のドル高の流れを受け継ぎ、朝方には108円47銭とニューヨーク時間終盤に付けた8月1日以来の高値となる108円48銭に迫る場面も
    • クロス円(ドル以外の通貨の対円相場)も下落。ユーロ・円は0.3%安の1ユーロ=119円28銭で、一時109円割れも
  • オーストラリアドルは大幅安。豪正規雇用の減少などが嫌気され、対円では一時1.3%安の1豪ドル=73円13銭前後と今月9日以来の安値
日銀動かず円買い

市場関係者の見方

FXプライムbyGMOの上田眞理人常務取締役

  • ドル・円はそもそも108円50銭を抜けなかったことで、だんだん売りが勝ってきていた。東京時間は最近ずっと輸出の売りが出ているようで、日銀もやはり動かずということで改めてポジション調整などの売りが出たのだろう
  • ただ、FOMCも今後の利下げ継続については疑問符がつくところがあり、107円50銭をどんどん割っていくというような動きにはなりにくい

三菱UFJ銀行グローバルマーケットリサーチの内田稔チーフアナリスト

  • 日銀の据え置きは予想通り。展望リポートの出る10月にフォワードガイダンス変更はやると思うが、追加緩和は12月以降か為替の105円割れが定着した場合だろう
  • 黒田総裁の会見では、状況によってはちゅうちょなくと動くとし、マイナス金利深掘りも選択肢と強調すると思うが、深掘りは相当な副作用軽減策とセットと考えるとハードルは高く、市場も懐疑的なままではないか

あおぞら銀行の諸我晃総合資金部部長

  • 黒田総裁会見では緩和方向の話が出てくるとみており、ドル・円もまた戻すかもしれないというイメージ
  • FOMC後はドル買いの流れになっているので、ドル・円も落ちたところでは押し目買いが入ってくると思う

背景

  • 日銀は19日の金融政策決定会合で、長短金利操作付き量的・質的緩和の枠組みによる政策運営方針の維持を賛成多数で決定
  • FOMCは18日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを1.75-2%に0.25ポイント引き下げることを決めたが、今後の追加緩和の必要性を巡っては意見が分かれた
  • 8月の豪雇用者数は3万4700人増と市場予想を上回ったが、正規雇用者数は1万5500人の減少だった
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE