コンテンツにスキップする

パウエル議長:マイナス金利は当局が用いる最優先手段ではない

  • 実効下限制約で検討するのは大規模資産購入とフォワードガイダンス
  • 金融危機の際にマイナス金利を検討したが使わなかったと議長

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は18日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、米金融当局はマイナス金利の活用を検討しないだろうと述べた。

  パウエル議長はマイナス金利の活用について、「それがわれわれが用いる最優先手段にはならないと思う」と発言。「マイナス金利は金融危機の際に検討し、選ばなかったものだ」とした上で、「われわれはマイナス金利を使わなかった。また実際そうなるとは予想していないものの、将来的に金利が実効下限制約に至った場合でも検討するのは大規模な資産購入とフォワードガイダンスになるだろう」と説明した。

原題:Powell Says Negative Rates Aren’t at Top of Fed’s List of Tools(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE