コンテンツにスキップする

サウジ財務相:アラムコ石油施設の攻撃、歳入への影響は「全くない」

サウジアラビアのジャドアーン財務相は、国内の石油生産を半減させたサウジアラムコへの施設攻撃は、同国の歳入に「全く」影響を及ぼしていないと語った。

  ジャドアーン氏は18日、リヤドでブルームバーグTVの取材に対し、サウジ経済への影響はなかったと述べ、今後も「必要に応じて」防衛費を投じていくと話した。

  同氏は「サウジは回復している。経済や歳入への障害は全くない」と主張し、これまで説明した通り、原油監督当局は備蓄分を使ったと説明。サウジアラムコの政府保有株を1年以内に売り出す計画への意欲もあらためて示した。

原題:Aramco Attacks Had ‘Zero’ Impact on Saudi Revenue, Minister Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE