コンテンツにスキップする

ウォール街はここが知りたい-クオンツ株ショックは終わったのか

  • モメンタム株は先週、2009年以降では最悪のパフォーマンス
  • ローテーションは続くとBofAやJPモルガン

ウォール街の数学の天才たちにとって、先週は株式市場で10年に1度のローテーションだった。クオンツ投資家たちは今、次に何が起こるかについて意見が分かれている。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)やJPモルガン・チェース、ジェフリーズ、パナゴラ・アセット・マネジメントによれば、今年の勝ち組の突然の凋落と負け組の回復は新しいトレンドの始まりだ。いわゆるモメンタム株のバリュー株に対するとどまるところを知らない上昇というこれまでの状況が、行き過ぎていたと各社は論じる。

  一方、エバコアISIやゴールドマン・サックス・グループは、最近の反転は、拡大期の終盤にあるビジネスサイクルにおけるショートカバーにすぎないとの見方だ。

  ブルームバーグの指数によると、モメンタム株は先週、2009年以降では最悪のパフォーマンスとなり、バリュー株は最良だった。激しい動きがクオンツ投資家に打撃を与えたことを示すように、ニューヨーク時間17日午前には流れが反転しモメンタム株が急上昇、バリュー株は下落した。

 

Momentum and value both saw some of their largest moves this decade

  トレンド転換が持続するとみるグループにとっては、経済指標のプラスの驚きや中央銀行の緩和策など強気の根拠はある。これはバリュー株にとって朗報だ。パナゴラ・アセットのジョージ・ムサリ最高投資責任者(CIO)は「遅すぎたくらいだ」と言う。 「 AT&Tやゼネラル・モーターズ(GM)ようなバリュー株を見ると、相場が上昇しているのにこの3年で少しも動いていない」と同氏は指摘した。

  しかし、過去1年にも今月のようなローテーションはあった。しかし、成長と貿易戦争に関する長引く懸念の中で投資家はより安全な銘柄に戻り、バリュー株は勢いを失った。問題は、先週のローテーションが続くかどうかだ。

Valuation spreads remain stretched even after the value rally

  懐疑論者にとって、先週の動きは一時的なものだ。経済見通しへの不安から投資家はバリュー株を避けているが、景気循環は終盤にあるように見え米中貿易摩擦が深刻な状況は、ほとんど変わっていない。

   デニス・デブシェール氏らエバコアISIのストラテジストは、「短期的には、バリュー株へのローテーションは続くだろう。 しかし、世界の成長見通しは依然弱く、最近のこのローテーションは長期的なトレンドというより、短期的な反発だ」とリポートに記述した。ゴールドマンのストラテジストらも同様に懐疑的で、依然として低い債券利回りと弱い成長見通しを指摘している。

BofA says value's negative link with momentum augurs outperformance
A steepening yield curve tends to favor value

原題:Wall Street Races to Figure Out If the Quant Stock Shock Is Over(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE