コンテンツにスキップする

ボーイングCEO、下院委が10月30日に証言要請-737MAX巡り

  • 商用機担当チーフエンジニアにも公聴会出席求める
  • 10月30日は最初の墜落事故から1年と1日後に当たる

米下院運輸経済基盤委員会のピーター・デファジオ委員長は17日、ボーイングのデニス・マレンバーグ会長兼最高経営責任者(CEO) に公聴会での証言を要請した。

  同委は10月30日に737MAXに関する公聴会を開催する。737MAXは2回の墜落事故を受け、3月13日から世界中で運航停止となっている。10月30日はインドネシア沖での最初の737MAX墜落事故から1年と1日後に当たる。

  同委の発表によると、デファジオ委員長はボーイングの商用機担当チーフエンジニア、ジョン・ハミルトン氏にも公聴会への出席を求めた。

原題:Boeing CEO Asked to Testify Before Lawmakers on Grounded 737 Max(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE