コンテンツにスキップする

アドビ:9-11月売上高見通し、予想下回る-買収効果上がらず

  • 9-11月売上高は約29.7億ドルの見通し、市場予想30.2億ドル
  • エクスペリエンスクラウド部門の増収率は23%に鈍化する見込み

米ソフトウエアメーカー、アドビの9-11月(第4四半期)の売上高見通しは市場予想を下回り、買収を通じて取得したマーケティング関連製品の販売が伸び悩んでいることが示された。

  17日の発表資料によれば、9-11月期の売上高は約29億7000万ドル(約3200億円)を予測。ブルームバーグがまとめたデータによると、アナリスト予想は30億2000万ドルだった。一部項目を除く1株利益は2.25ドルを見込んでいる。アナリスト予想は2.30ドル。

  シャンタヌ・ナラヤン最高経営責任者(CEO)は売り上げ押し上げに向け、ここ2年間に数件の買収を通じてマーケティング支援ソフトや電子商取引用ソフトを取得した。

  マーケティングや分析、電子商取引ツールを含むエクスペリエンスクラウド部門の9-11月期増収率は23%と、6-8月(第3四半期)の34%から鈍化する見込み。複数の幹部によると、2018年の米マルケト買収に伴い取得した製品は予想ほど伸びていないという。

  この日の米株式市場時間外取引で、アドビ株は一時約3%下落。通常取引の終値は284.69ドルだった。年初来では26%高。2018年は29%上昇していた。

  6-8月期の売上高は前年同期比24%増の28億3000万ドル(アナリスト予想28億2000万ドル)。調整後1株利益は2.05ドル(同1.97ドル)だった。

原題:Adobe Projects Slower Sales Growth for Marketing Products (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE