コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、ブラジル電子商取引マデイラに投資へ-資金調達主導

ソフトバンクグループは、電子商取引を手掛けるブラジル新興企業マデイラマデイラによる総額1億1000万ドル(約119億円)の資金調達への投資で中心的な役割を果たす。

  マデイラマデイラのダニエル・スカンジアン最高経営責任者(CEO)によれば、調達した資金は技術開発や物流の強化、顧客満足の改善費用に充てる。

 今回の資金調達ラウンドには、同社を初期段階で支援したフライブリッジ・キャピタル・パートナーズとライト・ストリート・キャピタルも参加する。

  ブラジルのクリチバに本社を置くマデイラマデイラは、これまでに3880万ドルを調達した。

原題:
SoftBank Enters Latin America’s E-Commerce Industry With New Bet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE