コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、米当局のオペに注目-FOMC決定控え

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが下落。米短期金融市場での資金需給の不均衡への対応として、米金融当局が市場へのドル資金供給を増やす措置を講じた。主要10通貨では、ポンドとユーロの上げが目立った。

  • ニューヨーク時間午後4時49分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%安。一時は0.2%上昇する場面もあった。ドルは主要10通貨に対しては高安まちまち
  • モントリオール銀行(BMO)の外為戦略グローバル責任者、グレッグ・アンダーソン氏:
    • 「米金融当局が常設レポファシリティーを導入する可能性が高まったとの見方が市場には織り込まれている」
    • 実際に導入されれば、「流動性がタイトな状況でのドル不足はやや緩和する」
    • 「ドル需要は、ほんのわずかながらも低下する」
    • 関連記事:NY連銀、10年ぶりシステムレポで資金供給-短期金利が異例の急上昇
    • 備考:連邦公開市場委員会(FOMC)は18日、利下げを決定すると広く予想されている
  • サウジアラビア情勢が引き続き注目される中、主要10通貨ではカナダ・ドルなどが軟調。一方、ノルウェー・クローネは同10通貨の大半に対して上昇
  • 原油相場は下落。サウジアラビアは週末の石油施設への攻撃で失われた石油生産量の70%を近く回復するとの報道が背景
  • ドルは対ユーロで0.6%安の1ユーロ=1.1071ドル。対円ではほぼ変わらずの1ドル=108円13銭

欧州時間の取引

  ドルが主要10通貨の大半に対して上昇。原油相場の混乱が収まる中、金融政策が主要な材料となった。オーストラリアとスウェーデンの中銀政策会合議事要旨がハト派的だったことがドルを支えた。米金融当局は2日間の日程でFOMCを開催。

原題:Dollar Falls as Funding Issues in Focus Before Fed: Inside G-10(抜粋)

Dollar Gains as Market Focus Turns to Central Banks: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を加えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE