コンテンツにスキップする

ドイツ銀行CEO、投資銀行部門責任者の外部人材登用を検討-関係者

  • 前責任者のリッチー氏は7月退社、現在はゼービングCEOが指揮
  • ゼービング氏、CEO職に集中できる体制を検討か

ドイツ銀行のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は、投資銀行部門の新たな責任者を外部から招くかどうかを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。ドイツ銀は抜本的な組織再編を打ち出す中で、同部門を率いていたガース・リッチー氏が7月に退社した。

Deutsche Bank AG Annual General Meeting

ドイツ銀行のゼービングCEO

  リッチー氏の退社後、投資銀行部門はゼービングCEOが直接指揮を執っている。関係者によると、ゼービング氏はこの責務を解き、CEOとしての役割に完全に集中できるようにすることは理にかなうかもしれないと考えている。

  正式な決定は何も下されておらず、これまでに候補者と接触があったのかは不明だと関係者は述べた。関係者は内部の協議であることを理由に匿名を希望した。

  ドイツ銀行はコメントを控えた。関係者は同行の検討は初期的な段階にあり、人材招請が実現しない可能性もあると指摘した。

原題:Deutsche Bank CEO Considers Outside Hire to Head Investment Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE